一時帰国中のインターネット環境構築

一時帰国中の日本でのインターネット環境をどうするか、考えた。

パソコンとスマホとタブレット

なんでもネットでググってから行動する、ということが当たり前となってしまった私(ヨーロッパの某国在住)は一時帰国で日本に帰ってからも、いつでもググれるネット環境が必要なことに気づきました。

 

実家には一応、遅くはあるもののケーブルテレビのインターネットが引いてはあるのですが、せっかくの一時帰国なので、あんなところやこんなところを巡ってみたいと思っていましたので、いつでもどこでもネットにつなげるモバイルルーターが必須であるという結論に達しました。

 

日本国内で使えるレンタルモバイルルーターって色々ありますけど、借りる時に事務手数料が必要だったり、1年とか2年とか縛りがあったりして解約時に違約金なんかが設定されていたりするので、どれでもいいというわけではないようです。

 

海外からの一時的な帰国にふさわしいモバイルルーターは、短期間のレンタルが出来て、しかも手数料や違約金の無いものであるべきです。それに加えて値段が手頃で、空港で受取が出来れば都合がいいですね。

 

そんな感じで探し始めたんですけど、本当に色々な会社がモバイルルーターのレンタルをしていて、しばらくの間ありすぎて選べない状況に陥っていました。^^; 端末の機能とかデータの量とか、色々書いてあって、どれがいいのか…。

 

そんな中紆余曲折ありながら、これだったら分かりやすくていいかな?と思ったのがこちらの→大容量の国内Wi-Fiルータレンタルでした。

 

ホームページを見ると、事務手数料・解約手数料が0円だし、空港受取サービスというのもあるし、データは大容量で1日平均7.5ギガ使えるようですし、値段が他の手数料無料のものに比べて控えめだったので、私はこれに決めました。

 

日割りで値段は出なくて1ヶ月単位の料金体系みたいですけど、安い方のプランでは、1日換算で194円で1ヶ月あたり6,000円。2022年4月現在であれば7日以上利用すれば送料が無料になるようなので、成田空港で受け取っても1ヶ月あたり税込6,000円。

 

スマホを見る女性

 

これであれば悪くないかな?と思いました。

 

私が選んだプランよりもスピードが速い?と思われるプランもありますけど、夫婦二人で使うだけなので、安い方で大丈夫じゃないかな?と夫には内緒で勝手に思っています。高い方の値段は7,500円で、機器が10台まで接続出来るみたいなので、家族とか大人数で帰国する場合には良いのではないかな?と思います。(安い方も5台までつなげます)

 

返却用のレターパックも付属しているみたいなので、最終日に空港の出国前の郵便ポストに入れればオーケーです。(出国したらポストは無いと思うので絶対に忘れないようにしないと!)

 

ホームページにある利用者のコメントにも一時帰国で使っている人がちらほら見受けられたので、同じような人がいるんだなぁと思いました。

 

今回はこれを使ってみて、何か気になることがあったりしたら使用感などもまた報告したいと思います。

 


page top